“大江戸四十八手 幕の弐 京内憚り始末”

“大江戸四十八手 幕の弐 京内憚り始末”

作品詳細

作品紹介

規律、戒律の厳しい大奥の中で、得手勝手に振る舞う一人の女中・薊(あざみ)がいた。その態度に憤怒した嬉良は、女中を使い策を練り、薊が尖り(貼り型)ものが苦手であるという事を耳にした。そのこと利用し、薊を罠に陥れた嬉良と彼女に恨みを持つ女たちによって薊は阿鼻叫喚の罰を受けるのであった…。「ここはおれの守り場。大奥の掟、しかと肝に命じておけ」

サンプル動画

サンプル画像

作品詳細

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です